固定点モード
AEB(自動緊急ブレーキ) & FCW (前方衝突警報) 評価




AEB・FCWシステムは、事故を回避したり、事故の災害を低下させることが証明されており、こんにちでは多くの車両で採用されています。このシステムは前方の道路状況や自車の状態をモニタリングし、ドライバーに減速を警告したり、緊急時にはブレーキを実施します。

固定点モードでは、「前方で停止している障害物」との距離を1台のGPS のみで計測できます。
障害物はGPSを利用して事前に測定を行いますが、VBOX ADAS システムはその計測を簡単に実施することができます。。

Racelogic社の提供するADASテストシステムは、リアルタイムで障害物との距離を測定することのできるシステムです。その距離は±2cm の精度で測定できます。 システムは、VBOX3i SL-RTK (もしくはVBOX3iR10G10) と固定基地局で構成されます。 




《測定チャンネル》

  • 障害物との距離

  • 障害物との距離 前後

  • 障害物との距離 横

  • 衝突予測時間 TTC

  • ターゲット車の方向

  • 測位ステータス

  • アナログ信号

  • デジタル信号

  • 車両CAN信号

  • 映像 (オプション)



《特 徴》

  • 固定基地局をVBOX1台で障害物との距離を2cmの精度で測定することができます。

  • 100Hzのデータ記録機能を持っており、VBOXシステムのみで試験を完結することができます。

  • 車両CAN入力機能を持っており、アラーム発生時のフラグ信号をGPSと同期して記録できます。

  • 障害物との距離などの各パラメータを外部の計測システムにCAN出力することが可能です。

  • 機器の車両への搭載時間は30分程度です。

  • 障害物との距離やTTC(衝突までの予測時間) などのチャンネルはソフトウェアが自動で計算を行います。

  • Video VBOX と組み合わせることで、映像を同時に記録することができます。



《サンプルデータ》

次のグラフはVBOXで測定したデータのサンプルです。
データは前方に停止している車両に向かって進み出し、衝突前に停車したものです。
評価車両の車速は赤色で表示されています。 


 



障害物との縦距離は青色で表示されています。 停止時の距離は-2.40m となっており、障害物に衝突してしまったと考えられますが、障害物との横距離(緑色)のデータを見てみると、衝突前に横に移動していることがわかります。
このテストでは、衝突直前に車両が横にずれて、衝突を回避した例です。

Video VBOX を利用すると、映像も同期して記録することができます。
映像データはGPSデータと同期されているので、映像に衝突警告インジケーターなどを記録することで、点灯時の障害物との距離や衝突予測時間を確認することができます。




《ダウンロード》

右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください
右クリックして、『対象をファイルに保存』してください




より詳細な技術資料は、VBOX ADASシステムのユーザー様向けのみに、メールにてお渡ししておりますのでお問い合わせください。



お問い合わせは vboxsupport@vboxjapan.co.jp まで